複合性局所疼痛症候群患者の前腕筋のエコー所見

18人の上肢のCRPS-1患者が我々の施設に紹介され両側上肢のエコー検査。 患側と健側の前腕のエコーの比較。結果:The muscles affected by CRPS-1の患側の筋肉はエコー輝度が増加。筋肉の輪郭は不明瞭又は完全に消失。いくつかの筋肉のグループは均質でエコー輝度が高い塊であり、正常な構造を失っている。健側と比較するとエコー上のキャリパー(ノギス)で測定した患側の筋肉の厚さは、障害や手の不使用の期間にかかわりなく、減少していた。前腕の屈筋と伸筋は最も障害されていた。

Pain Pract. 2012 Apr 11. doi: 10.1111/j.1533-2500.2012.00539.x. [Epub ahead of print]
Ultrasound Appearance of Forearm Muscles in 18 Patients With Complex Regional Pain Syndrome 1 of the Upper Extremity.
Vas LC, Pai R, Radhakrishnan M.
Ashirvad Pain Relief Clinic, Mumbai, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-13 23:46 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line