抗鬱薬使用により急性閉塞隅角緑内障が増加する

最近の抗鬱薬使用と急性閉塞隅角緑内障(Acute angle-closure glaucoma:AACG)の関係を調べるCase-crossover study。1998年と2010年の間にオンタリオで66歳以上のAACG患者をpopulation-based administrative databasesから選ぶ。AACGに先立つ年に間歇的に抗鬱薬を処方された人を選んだ。AACG発生の直前に内服した抗鬱薬と対照期間である2年前の抗鬱薬を比較。研究期間に6470人でAACGを発生。患者の平均年齢は74.3歳, 66%が女性。5.6%の者AACGに先立つ年に抗鬱薬の間歇的使用。AACGの直前にいずれかの抗鬱薬を内服しているORは1.62 (95% CI, 1.16-2.26)。AACGの危険性はいくつかのサブグループで増加する。

J Clin Psychopharmacol. 2012 Apr 26. [Epub ahead of print]
Short-Term Exposure to Antidepressant Drugs and Risk of Acute Angle-Closure Glaucoma Among Older Adults.
Seitz DP, Campbell RJ, Bell CM, Gill SS, Gruneir A, Herrmann N, Newman AM, Anderson G, Rochon PA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-06 17:57 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line