慢性疲労症候群と不安障害、うつ病の合併

CFSのOxford基準に合致する640人の患者をこの研究(the PACE trial)に集める。the Cognitive Behavioural Response Questionnaire, the Chalder Fatigue Scaleおよびthe Work and Social Adjustment Scaleを測定。DSM-IVで不安と抑うつを診断。多変量解析で認知―行動の要因と不安や抑うつの有無との関連を調べた。結果:対象者のうち54%は had a diagnosis of CFSはあるがうつ障害や不安障害がなく、14%は CFSと不安障害があり, 14%はCFSとうつ障害があり、18% はCFSとうつ障害、不安障害2つの合併。認知と行動の要因は合併症と相関する。しかし、群間の平均の差は少ない。Beliefs about damage およびsymptom focussingは不安障害の患者に多く、狼狽(embarrassment)およびbehavioural avoidanceはうつ障害患者に多い。
Psychol Med. 2012 May 9:1-6. [Epub ahead of print]
Cognitions, behaviours and co-morbid psychiatric diagnoses in patients with chronic fatigue syndrome.
Cella M, White PD, Sharpe M, Chalder T.
Institute of Psychiatry, King's College London, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-12 14:02 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line