CRPS患者の心拍出量へのケタミンの効果

健常人と慢性痛患者において薬物導体的-薬力学的方法によりS(+)-ketamineによる心拍出量への効果を調べた。方法:10人の慢性痛患者 (CRPS1と診断された患者、平均年齢43.2 ± 13歳, 平均罹病期間8.4年, 1.1-21.7年) および12人の健常ボランティア (21.3 ± 1.6歳), 7人では S(+)-ketamineの静注量の増加(1.5 mgで開始し1.5-mg増加)は20分間隔で5分間 で投与。心拍出量(Cardiac output: CO)は橈骨動脈内の動脈カテーテルから得た動脈圧カーブから計算した。Ketamineおよび norketamineの血漿濃度を測定。 新しい薬物導体的-薬力学的方法によりketamineの心拍出量への直接の促進およびその後の適応/抑制効果の定量化を行った。結果:CRPS1患者に比べて健常人ではS(+)-ketamine S(+)-norketamine濃度 は15%と40%大きく薬物導体的評価では有意差あり。S(+)-ketamineは用量依存的に心拍出量への刺激効果がある。点滴後、心拍出量への刺激効果が認められた。薬力学的にはCRPS1 患者と健常人で差がなかった。心拍出量を1 L/min増加させるS(+)-ketamine濃度は 243 ± 54 ng/mLであり、onset/offset の半減期は1.3 ± 0.21分。 抑制の要素は遅い (time constant of 67.2 ± 17.0分)。

Anesth Analg. 2012 May 10. [Epub ahead of print]
The Dose-Dependent Effect of S(+)-Ketamine on Cardiac Output in Healthy Volunteers and Complex Regional Pain Syndrome Type 1 Chronic Pain Patients.
Olofsen E, Sigtermans M, Noppers I, Niesters M, Mooren R, Bauer M, Aarts L, Sarton E, Dahan A.
From the Department of Anesthesiology, Leiden University Medical Center, Leiden, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-05-19 21:58 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line