慢性肝疾患患者におけるRLSの有病率

長崎大学病院で2008年9月から2010年3月までの間の149人の慢性肝疾患の外来患者。RLSの診断は2003年にthe international RLS research groupが作成した疫学的サーベイランスのためのアンケートを用いた。さらに89人のRLS患者において睡眠の質と健康に関連した生活の質を評価した。睡眠の質は
the Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)の日本語版で評価し, 健康に関連した生活の質は日本語のSF-36 Health Surveyで評価。結果:149人中25人(16.8%)がRLSの診断基準を満たした。RLS群のglobal PSQI scoreの中央値は有意に非RLS群より高い (9 vs 5, P<0.01)。RLS群の睡眠の悪い者(global PSQI score, >5)の数は非RLS群より有意に多い (P<0.05). RLS群のSF-36のthe mental component summary scoreは43.8±10.8であり, それは非RLSよりは有意に低い (49.8±10.5; P<0.05).
Hepatol Res. 2012 May 3. doi: 10.1111/j.1872-034X.2012.01043.x. [Epub ahead of print]
Prevalence of restless legs syndrome in Japanese patients with chronic liver disease.
Matsuzaki T, Ichikawa T, Kondo H, Taura N, Miyaaki H, Isomoto H, Takeshima F, Nakao K.
Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences Center for Sleep Medicine, Saiseikai Nagasaki Hospital, Nagasaki, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-10 22:55 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line