感覚軸策neuropathyのRLS

後天的な混合性、小さい、および大きい線維の感覚軸策neuropathy患者59人。同様の年齢、性別分布の神経学的な59人の対照群と比較。電話による一重盲検法によりInternational RLS Study Group criteria を用いInternational Restless Legs Syndrome Severity Scores (IRLSSS)により強度を比較。類似疾患や1か月5日未満の低頻度症状は除外。結果:RLS患者は対照群より有意にneuropathy患者である(28.8% versus 8.5%; P=0.008)。neuropathyと RLSを合併した患者はRLSではあるがneuropathyではない患者と比べて有意に高齢 (P=0.001), RLSの発症が遅い (P=0.001), RLS症状が高頻度 (P=0.009) であり、そしてIRLSSSが大きい (P=0.019)。sensory neuropathy患者でのRLSの存在と下肢の感覚電気生理学的所見には関連がない。

Rev Neurol (Paris). 2012 Jun 6. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in sensory axonal neuropathy: A case-control study.
Shah RS, Rajabally YA.
Neuromuscular Clinic, Department of Neurology, University Hospitals of Leicester, Leicester General Hospital, Leicester LE5 4PW, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-16 22:17 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line