CRPSの4つの治療方針の成績

CRPS type 1患者59人を治療方法により4群に分ける: group A, 経口NSAID (n=10); group B, 経口gabapentin (n=12); group C, IV 10% mannitolおよび steroid (n=11); group D, IV 20% mannitol およびsteroidに経口 gabapentin併用 (n=26). 患者は退院後医学的な管理を受け1か月に一回又は2か月ごとに最終経過観察(平均8ヶ月)まで評価. group Aの患者は痛みのレベル、指の可動域、腫れ、握力が有意差はないが改善 (各々P=.076, P=.062, P=.312, および P=.804, ). group Bの患者は痛みのレベルが有意に改善(P<.001), group Cの患者は痛み、指の可動域、および腫れが改善し (P=.127), 機能障害は不変. これに対して, group Dの患者は握力、痛みのレベル、指の可動域および( 抄録から抜けており不明)が有意に改善(各々P<.001, P=.016, P=.031, およびP=.047). この結果によるとIV 20% mannitolおよび steroidと経口gabapentinの併用が受容可能で有効なCRPS type 1の治療.
Orthopedics. 2012 Jun 1;35(6):e834-42. doi: 10.3928/01477447-20120525-21.
Four treatment strategies for complex regional pain syndrome type 1.
Lee SK, Yang DS, Lee JW, Choy WS.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-17 14:10 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line