慢性疲労症候群患者の食事制限

強度のCFSと診断された28人の患者の横断研究.食習慣のアンケートと3日間の食事記録 で食事の習慣を評価。結果: 最も頻繁の制限は乳製品とグルテンを含んだ穀物であり、各々22人と15人が制限。患者は異なる消化器症状を報告し,除外した食べ物を使用したのでは症状は改善しない。13人の患者は異なるところから一定の食物の摂取に反対する情報を仕入れていた。穀物制限の6例と乳製品制限の11例はカウンセリングにより制限になった。

Nutr Hosp. 2012 Apr;27(2):659-62.
Patterns of food avoidance in chronic fatigue syndrome: is there a case for dietary recommendations?
Trabal J, Leyes P, Fernández-Solá J, Forga M, Fernández-Huerta J.
Servei d´Endocrinología i Nutrició, Hospital Clínic, Barcelona, Spain.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-30 18:08 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line