脊椎手術後の複合性局所疼痛症候群

35人のCRPS患者の症状と所見, CRPSのタイプ (I or II),発端と程度, CRPS発症前の手術のタイプ, 疾患の経過, CRPSと診断した後の治療を調べた。結果: 6人では, CRPSは術後の経過中に発症 (腰椎の手術, n = 5; 頚椎の手術, n = 1). そのうち4人はCRPS II罹患。 6人の疾患の経過は他の発端のCRPS患者の経過と異なっていない. CRPSの最初の症状は術後1-14日で見られた。まとめ: CRPSは脊椎の手術後まれな合併症, しかし、症例のほぼ1/3において脊椎手術は下肢のCRPSの発症に先行する。The first typical symptoms of CRPSの最初の典型的な症状は脊椎手術から2週間以内に生じる。
Eur Neurol. 2012 Jun 22;68(1):52-58. [Epub ahead of print]
Complex Regional Pain Syndrome following Spine Surgery: Clinical and Prognostic Implications.
Wolter T, Knöller SM, Rommel O.
Interdisciplinary Pain Center, University Hospital Freiburg, Freiburg, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-06-30 22:47 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line