医療従事者におけるRLSの頻度、強さ、危険因子

医療従事者におけるRLSの頻度、強さ、危険因子。横断研究をトルコのKonya 、Meram Medical FacultyのOutpatient Family Medicine Clinicで行い、Meram Medical Faculty Hospitalで2010年10月から2011年6月まで就労する354人の医療従事者を調べた。 The International RLS (IRLS) rating scaleを用いてRLSの強度を調べた。RLS症状が陽性の患者は神経学的検査を受けた。 結果:調査対象者のうち277人 (78.2%)が女性。4つの必須条件によるRLSの有病率は 15% (n=53) (男性の16.9%, 女性の14.4%). 性別(p=0.726) および年齢(p=0.197)は有意にはRLSと関連しない. the International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG)による RLSの強度指標によると, RLS患者のうち, 16%は軽度 (n=8), 40%は中等度 (n=21), そして44%は強度(n=24). 53人のRLS患者のうち54.7%はRLSの家族歴が陽性。
Neurosciences (Riyadh). 2012 Jul;17(3):230-5.
Frequency, severity and risk factors for restless legs syndrome in healthcare personnel.
Civi S, Kutlu R, Tokgoz S.
Department of Family Physician, Meram Medical Faculty, Konya University, Konya, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-07-14 14:39 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line