むずむず脚症候群患者は抑うつになりやすい(前向き研究)

Nurses' Health Study参加者の前向き研究。2002年の時点で抑うつ症状のない56,399人の女性 (平均年齢=68歳)を2008年まで経過観察. 医師が診断したRLSを自己報告。300,155人-年の経過観察により, 臨床的な抑うつを1,268人見つけた(抗うつ薬の定期的な使用と医師による抑うつの診断)。開始時に、RLSではない女性に比べてRLSの女性は臨床的な抑うつになりやすい(多変量で補正した相対危険度(RR) = 1.5, 95% confidence interval (CI): 1.1, 2.1; P = 0.02). 開始時にRLSが存在すると10-itemのCenter for Epidemiologic Studies Depression Scaleの(CESD-10)の点数が高く、15-itemの Geriatric Depression Scale (GDS-15)が高い。多変数で補正した、RLSのある女性とRLSのない女性の間の平均の差はCESD-10 score では1.00 (standard error, 0.12)およびGDS-15 score では0.47 (standard error, 0.07) (P < 0.0001). まとめ:医師がRLSと診断した女性は臨床的な抑うつや臨床的な抑うつ症状の危険性が高くなる。

Am J Epidemiol. 2012 Jul 17. [Epub ahead of print]
Prospective Study of Restless Legs Syndrome and Risk of Depression in Women.
Li Y, Mirzaei F, O'Reilly EJ, Winkelman J, Malhotra A, Okereke OI, Ascherio A, Gao X.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-07-19 22:25 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line