抗うつ薬、抗精神病薬による股関節骨折(メタ解析)

PubMed/MEDLINEの英語論文、 1966年1月から2011年1月まで, 以下のキーワードを用いたaged, hip fracture, fractures, antidepressive agents, およびantipsychotic agents, さらに各薬の名前。平均年齢65歳以上、年齢と性別で補正、股関節骨折のみ。結果: 166の研究が最初にあがった。4つの国から、10の抗精神病薬に関連した、14の抗うつ薬に関連した研究、7万人以上の股関節骨折と約27万人の対象者が対象になった。統合したオッズ比(95% CI)は第一世代の(通常の) 抗精神病薬1.68 (1.43 to 1.99), 第二世代の (非定型) 抗精神病薬1.30 (1.14 to 1.49), 第一世代(三環系) 抗うつ薬1.71 (1.43 to 2.04), 第二世代(SSRI、SNRIおよびbupropion, mirtazapine, and trazodoneのような特異的な抗欝薬) 抗うつ薬1.94 (1.37 to 2.76). 抗うつ薬の中で明確な差があった (I(2) > 87%; Q statistic p < 0.05).

Ann Pharmacother. 2012 Jul 17. [Epub ahead of print]
Psychotropic-Related Hip Fractures: Meta-Analysis of First-Generation and Second-Generation Antidepressant and Antipsychotic Drugs (July/August).
Oderda LH, Young JR, Asche CV, Pepper GA.
< College of Pharmacy, University of Utah, Salt Lake City.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-07-21 15:44 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line