妊娠中のむずむず脚症候群の危険因子

461人の妊婦 (18-45歳) がMackay Memorial Hospitalに出産のために2010年9月から2011年5月までに入院した. 直接面談してアンケートを取りRLSの診断基準を評価しRLSに関連した質問を行った。結果: RLSの有病率は10.4%; 2.8%は慢性RLS。RLS患者に比べてRLSではない者は葉酸と鉄のサプリメントの消費量が有意に多い。多変量解析を行うと RLSと貧血・消化性潰瘍疾患と有意な関連がる。妊娠中の一過性のRLS患者は慢性RLSに比べて、妊娠前に定期的なコーヒー消費量が多く睡眠潜時、睡眠時間、睡眠の効果が良好。RLSの81.2%は睡眠障害あり。RLSは大部分で妊娠第2,3期で発症し、出産1週間以内で解決する。

Sleep Med. 2012 Jul 30. [Epub ahead of print]
Risk factors and prevalence rate of restless legs syndrome among pregnant women in Taiwan.
Chen PH, Liou KC, Chen CP, Cheng SJ.
Department of Neurology, Mackay Memorial Hospital, Taipei, Taiwan; Graduate Institute of Mechanical and Electrical Engineering, National Taipei University of Technology, Taipei, Taiwan; Mackay Medicine, Nursing and Management College, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-04 00:53 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line