伝染性単核球症から回復した患者とCFSになった患者の起立耐性の比較

急性の伝染性単核球症(infectious mononucleosis:IM)6か月経過観察すると, 青年の13%が of adolescents met criteria for CFSの基準を満たした。青年CFS患者とIM後6か月の対照患者の起立耐性(standing orthostatic tolerance:SOT)の評価。IMの6か月後にCFSと診断された39人中36人と回復した対照者50人中43人がSOT testing (SOTT)を受けた。χ(2)解析でSOTTと CFSの診断の関係を調べた。CFSと診断された青年と回復した対照者は年齢、体重、BMIには有意差なし。青年CFS患者36人中9人 (25%)、回復した対照者43人中9人(21%)が異常なSOTTであり,有意差なし。IM後6か月でCFSの基準を満たした青年群は回復した対照群よりも起立耐性が悪くはなかった。
Clin Pediatr (Phila). 2012 Jul 31. [Epub ahead of print]
Orthostatic Tolerance Testing in a Prospective Cohort of Adolescents With Chronic Fatigue Syndrome and Recovered Controls Following Infectious Mononucleosis.
Katz BZ, Stewart JM, Shiraishi Y, Mears CJ, Taylor R.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-04 16:13 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line