慢性疲労症候群へのカタプレスの効果

5人の青年のCFS 患者(14-19歳)が50 mug clonidine(カタプレス:本態性高血圧の薬、最高使用量150μg)を1日2回、14日間対照群なしで使用。Clonidineの血漿濃度を測定。起立性の心血管反応を20度のhead-up tilt-test (HUT)で評価. 副作用はアンケートで調べた。14日後, clonidine の中央値 (範囲)は 0.21 (0.18-0.36) mug/L, そしてclonidine のCmaxの中央値 (範囲)は 0.41 (0.38-0.56) mug/L. clonidine 治療中は仰臥位の血圧と心拍数は低く、HUT 反応は正常反応に近かった。深刻な副作用はない。

BMC Res Notes. 2012 Aug 7;5(1):418. [Epub ahead of print]
Clonidine in the treatment of adolescent chronic fatigue syndrome: a pilot study for the NorCAPITAL trial.Fagermoen E, Sulheim D, Winger A, Andersen AM, Vethe NT, Saul JP, Thaulow E, Wyller VB.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-11 13:40 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line