CRPS患者の就労状況。就労率を高める要因

韓国。男性に多く(訳者注:これは怪しい)、下肢が上肢の3倍罹患。この研究では, 11 人(20%) が就労状態, 44人 (80%)が無職になる. 平均年齢と痛み点数は無職群より就労群の方が有意に低い(29.1 ± 16.8歳vs 40.1 ± 12.6歳, P = 0.021, また4.5 ± 2.9 vs 7.0 ± 2.0, P = 0.002,). 8か月以内に診断された患者 (P = 0.044), 教育レベルが高い患者(P = 0.028), ホワイトカラーの仕事をする者 (P = 0.011) は就労にとどまる割合が高い。それゆえ, もし患者が就労人生を改善したいのであれば、患者は仕事を管理しなければならない(肉体的な要求を減らし就労時間を減らす)。満足できる結果と就労にとどまる率を高めるために、医師は早期発見(8か月未満)、適切な治療、患者の痛み点数を減らすことに留意すべき。
J Korean Med Sci. 2012 Aug;27(8):929-33. Epub 2012 Jul 25.
Relationship between Complex Regional Pain Syndrome and Working Life: A Korean Study.
Kang JE, Kim YC, Lee SC, Kim JH.
Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Konkuk University Medical Center, Seoul, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-11 15:13 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line