むずむず脚症候群患者の摂食障害

Prospective case series。RLS (n = 88) 又は精神生理学的不眠症(psychophysiological insomnia:INS), (n = 42)患者が夜間摂食(nocturnal eating:NE) や睡眠関連摂食障害(sleep related eating disorder:SRED)があるかどうか尋ねられた。 RLS患者は patients described夜間摂食(61%) とSRED (36%)が INS患者より有意に多い (12%および0%; 共にp < 0.0001). この所見は覚醒の頻度が原因ではなく, INS患者は延長した夜間覚醒の頻度が(93%) RLS患者 (64%; p = 0.003)より有意に多い。鎮静薬や睡眠薬内服の患者の中で, 健忘性SREDと夢中歩行は RLS (80%)の方が INS (8%; p < 0.0001)より有意に多い。さらにRLS患者の夜間摂食とSRED はドパミン治療の結果ではなく、RLS患者はドパミン薬を開始した後の夜間摂食の頻度が大幅な下落を示し(68% to 34%; p = 0.0026), 度位派民作動薬が新たな夜間摂食またはSREDを引き起こした患者はいなかった。
J Clin Sleep Med. 2012 Aug 15;8(4):413-9.
Restless Nocturnal Eating: A Common Feature of Willis-Ekbom Syndrome (RLS).
Howell MJ, Schenck CH.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-18 14:10 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line