デパケンによる重篤な肝障害

バルプロ酸(デパケンvalproic acid:VPA)の肝毒性はほとんど知られていない. 1993年から2009年までにGerman Federal Institute for Drugs and Medical Devices に報告されたVPAが誘発した重篤な肝臓の副作用を評価。132例が重篤なVPAが誘発した肝不全。約1/3A (34.8%)がVPA単独治療下で生じる, 大部分はVPAの他の薬の併用下であり, 最も多いのは抗痙攣薬(34.8%) とbenzodiazepines (16.7%). 34例 (25.8%)は致死的な結果.そのうち, 32.4%はVPA単独治療下であり67.6%はVPAと他の薬の併用下.VPA単独よりも併用すると比致死的あるいは致死的な肝不全を引き起こしやすいが、併用でも致死率は増加しない。
Pharmacopsychiatry. 2012 Aug 22. [Epub ahead of print]
Non-Fatal and Fatal Liver Failure Associated with Valproic Acid.
Schmid MM, Freudenmann RW, Keller F, Connemann BJ, Hiemke C, Gahr M, Kratzer W, Fuchs M, Schönfeldt-Lecuona C.
Department of Psychiatry and Psychotherapy III, University of Ulm, Ulm, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-25 15:10 | 抗痙攣薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line