むずむず脚症候群の生活の質(他疾患との比較)


韓国において、RLS と健常者、高血圧患者、2型糖尿病患者、OA患者の生活の質を比較。方法:215人のRLS患者 (141人の女性; 平均年齢51.7±13.5). すべての患者はすべて韓国語の SF-36, RLS QoL, the International RLS Severity scale (IRLS), the Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI), およびthe Beck Depression Inventory-2 (BDI-2)を含むアンケートに答えた. その結果を健常者 (N=214)高血圧患者(196),合併症のない2型糖尿病患者 (185), あるいはOA患者(177)と比較。結果:RLS 患者のSF-36 QoL は健常者より低いのみならず、高血圧や糖尿病患者よりも低いが、OA患者よりは高い。RLS患者のSF-36 Qol は有意にRLS症状の強さ (r=-0.430, p<0.001) や抑うつの程度 (r=-0.565, p<0.001)と負の相関あるが, 性別、年齢、発症時年齢(早期又は晩期発症)とは有意には相関しない. 段階的重回帰分析では三つの要因がSF-36 QoLに関連する: つまり抑うつ(RLS患者の46.5%が抑うつを示唆するBDI-2に反応する) (β=-.899, p<0.001), RLS症状の程度(K-IRLS) (β=-.718, p<0.001), および性別(女性) (β=-6.128, p=0.007).

Sleep Med. 2012 Aug 29. [Epub ahead of print]
Assessing health-related quality of life in patients with restless legs syndrome in Korea: Comparison with other chronic medical diseases.
Cho YW, Kim DH, Allen RP, Earley CJ.
Department of Neurology, Dongsan Medical Center, Keimyung University, School of Medicine, Daegu, South Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-07 21:36 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line