多発性硬化症患者にはむずむず脚症候群が多い


イラン。2010年1月から4月までの横断研究. 205人の多発性硬化症(MS)患者 (164人の女性, 41人の男性, 平均年齢32.8±8.9歳)が医学インタビューを受け神経学的検査を受けた。RLSの診断はInternational Restless Legs Syndrome Study Group Criteriaで行った. 57人 (27.8 %) がRLSの診断基準を満たした. 患者の90.1 %において, RLSの発症はMS発症と同時かその後に生じた。RLSを合併したあるいは合併しない患者には年齢、性別、罹病期間、およびMSのパターンには有意差なし. RLS患者において睡眠前に下肢の短収縮(leg jerks)の頻度が多くなる (P=0.04). RLS患者において,不眠の合併症が多い (P=0.03).BMI, 貧血の既往, 日中の過剰な眠気, カフェインを含む飲料の消費, 妊娠回数, 喫煙, およびアルコール消費はRLSの存在には関連なし.

Neurol Sci. 2012 Sep 9. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in Iranian patients with multiple sclerosis.
Miri S, Rohani M, Sahraian MA, Zamani B, Shahidi GA, Sabet A, Moradi-Lakeh M, Bodaghabadi M.
Department of Neurology, Rasoul Akram Hospital, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-13 21:55 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line