筋筋膜性疼痛への三つの治療の比較

上部僧帽筋の筋筋膜性疼痛患者を3群に分ける。Gr 1は超音波治療, Gr 2はレーザー治療、Gr 3は虚血性圧迫. 評価は治療1日目と5日目に行った。結果: ANOVAにより治療開始前と治療後では3群すべてで有意差あり (p<0.05). Chi square testによりレーザー治療群と他の2群では有意差あり. レーザー治療群が他の2群より寄りよい傾向。

Glob J Health Sci. 2012 Jul 15;4(5):46-52. doi: 10.5539/gjhs.v4n5p46.
Management of Myofascial Pain of Upper Trapezius: A Three Group Comparison Study.1請求
Kannan P.
University of Otago.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-18 23:15 | 筋筋膜性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line