むずむず脚症候群は冠動脈性心疾患の危険因子


2002年の研究開始時には冠動脈性心疾患(CHD)も脳卒中もない70, 694人の女性(平均年齢67歳) を2008年まで前向きに経過観察。医師が診断したRLSをアンケートから集めた. CHD とは非致死性の心筋梗塞または致死性のCHDと定義。研究開始時にRLSであった女性はRLSではなかった女性に比べて、CHDになる危険性が高い(多変量で補正したhazard ratio (HR), 1.46; 95% confidence interval (CI), 0.97-2.18)。その危険性は症状の持続期間に依存し、3年未満のRLS女性では0.98 (95% CI, 0.44-2.19) 3年以上のRLS女性では1.72 (95% CI, 1.09-2.73) (P trend=0.03)。RLS ではない女性に比べると3年以上RLSである女性の多変量で補正した非致死性の心筋梗塞のHRsは 1.80 (95%CI, 1.07-3.01)、致死性のCHDでは1.49 (95%CI, 0.55-4.04)。

Circulation. 2012 Sep 11. [Epub ahead of print]
Prospective Study of Restless Legs Syndrome and Coronary Heart Disease Among Women.
Li Y, Walters AS, Chiuve SE, Rimm EB, Winkelman JW, Gao X.
1 Brigham and Women's Hospital & Harvard Medical School, Boston, MA;
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-19 22:24 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line