抗うつ薬による交通事故増加

3つのフランスの国家のデータベース: つまりthe national health care insurance database, 警察の報告, および国家警察の外傷性の衝突のデータベースからデータを得た。症例対照解析で34,896人の有責の運転手と37,789人の無責の運転手を比べた。事例交叉解析で薬物暴露の急性の効果を調べた。結果: フランスで2005年7月から2008年5月まで外傷性の衝突に巻き込まれたnational health care number で同定された72,685人の運転手. 2,936人の運転手 (4.0%)は事故当日少なくとも一つの抗うつ薬に暴露。事故に責任があることと抗うつ薬処方には有意な関連がある(odds ratio [OR] = 1.34; 95% CI, 1.22-1.47). 事例交叉解析によると治療の処方には関連がないが、交通事故の危険性は抗うつ薬開始後に増加し(OR = 1.49; 95% CI, 1.24-1.79)、抗うつ薬変更後に増加した (OR = 1.32; 95% CI, 1.09-1.60).

Clin Psychiatry. 2012 Aug;73(8):1088-1094.
Risk of injurious road traffic crash after prescription of antidepressants.
Orriols L, Queinec R, Philip P, Gadegbeku B, Delorme B, Moore N, Suissa S, Lagarde E; for the CESIR Research Group.
Equipe Prévention et Prise en Charge des Traumatismes, Centre de Recherche INSERM U897 "Epidémiologie et Biostatistiques" Université Bordeaux Segalen, Case 11, 146 rue Léo Saignat, 33076 Bordeaux Cedex, France ludivine.orriols@isped.u-bordeaux2.fr
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-20 22:43 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line