2010年基準による症状の評価

the Widespread Pain Index (WPI)で測定した痛みの分布と (疲労、元気の出ない睡眠、認知症状、身体の症状を測定する)the Symptom Severity scale (SS)で点数(0-31)が出る。方法:フランス語版The Fibromyalgia Survey Diagnostic Criteria and Severity Scale (FSDC)を73人の FM患者に2回行う,そしてそれを他の症状測定と比べる: Fibromyalgia Impact Questionnaire (FIQ), Health Assessment Questionnaire (HAQ), McGill Pain Questionnaire (MPQ),および全般的評価のVASと痛みのVAS. Test-retestの信頼性, 内部整合性,および構成概念の有用性を評価。結果:Test-retest の信頼性はFSDCの25の単一項目では0.600 と 0.888の間,全FSDCでは0.912, すべて有意な相関 (p < 0.0001). Cronbach's alpha (0.846 for FSDC assessment 1, および0.867 for FSDC assessment 2)で測定した内部整合性は良好. 構成概念の有用性はFSDC およびFIQ 0.670, HAQ 0.413, MPQ 0.562, 全般性VAS 0.591, および痛みVAS 0.663には有意な相関を示す (すべてp<0.001).

BMC Musculoskelet Disord. 2012 Sep 20;13(1):179. [Epub ahead of print]
The 2010 American college of rheumatology fibromyalgia survey diagnostic criteria and symptom severity scale is a valid and reliable tool in a French speaking fibromyalgia cohort.
Fitzcharles MA, Ste-Marie PA, Panopalis P, Ménard HA, Shir Y, Wolfe F.

日本でも同様の試みがされています。一歩先を越されました。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-23 18:32 | FMの検査
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line