ベーチェット病における線維筋痛症の有病率


Behcet病患者104人。年齢、性別、罹病期間、および疾患の活動性の指標としてBD Current Activity Form (BDCAF) 点数を記録。FMの存在とFIQ点数を調べた。全患者でESR およびCRPを調べたMann-Whitney U test およびPearson's correlation testsで統計解析。 60人の女性と40人の男性、年齢は19-51歳. 100人のベーチェット病(BD)患者のうち18人がFMと診断. FMのあるBD患者とFMのないBD患者の間で年齢、BDの罹病期間、検査所見には差がなかったが、FMを合併したBD患者では女性が多かった (p<0.000). 全身症状のある患者とない患者の間でFMの存在には差なし。口腔―外陰部潰瘍, 結節性紅斑, 静脈血栓症, 膿疱性の病変および疾患活動性の医師の印象の点数にはFMのあるBD患者とFMのないBD患者の間で差がなかった。群間で疲労、頭痛、関節痛、および疾患活動性の患者の印象に有意差あり(本日と過去28日) (各々p<0.000; p<0.01; p<0.01; p=0.021 およびp=0.027). BDCAFと痛みや疲労に関するFIQの項目の間には有意な相関あり(p<0.01).

Rheumatol Int. 2012 Sep 28. [Epub ahead of print]
The prevalence of fibromyalgia in patients with Behçet's disease and its relation with disease activity.Melikoglu M, Melikoglu MA.
Department of Dermatology, Ministry of Health Erzurum Regional Training and Research Hospital, Erzurum, Turkey, mmelikoglu@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-10-13 23:08 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line