抗うつ薬の発癌性、抗癌性


TCAに抗癌作用があるのではないか。the General Practice Research Databaseを用いて神経膠腫または結腸直腸癌の診断後TCAを用いるとすべての原因の死亡率に影響を与えるかどうかを調べた。年齢、性別、喫煙、BMI、合併症、抑うつで補正した。結果:
1,364人の神経膠腫および16,519人の結腸直腸癌患者のコホート。TCAで治療した神経膠腫患者では有意ではないがhazardが減少 (HR = 0.83, CI = 0.53-1.30). これは主に以前TCAを内服していない患者で見られた(HR = 0.56, CI = 0.26-1.18). これに対して, 結腸直腸癌では有意にhazardが増加 (HR = 1.37, CI = 1.21-1.54). これは大部分の患者で少量のTCA使用者で見られた (HR = 1.57, CI = 1.33-1.86).
Cancer Causes Control. 2012 Oct 12. [Epub ahead of print]
Survival of glioma and colorectal cancer patients using tricyclic antidepressants post-diagnosis.1請求
Walker AJ, Grainge M, Bates TE, Card TR.
Division of Epidemiology and Public Health, School of Community Health Sciences, Nottingham City Hospital, University of Nottingham, Clinical Sciences Building, Nottingham, NG5 1PB, UK, alex.walker@nottingham.ac.uk
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-10-16 22:03 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line