ボトックスはむずむず脚症候群には無効


2段階phase II の予備的なopen label, 非対照研究。一次的な結果は治療前に比べて2週の時点でRLSの程度の点数が50%改善した患者(反応者)の割合でBoNT/Aの効果を測定。第一段階では27人の患者が含まれており、もし反応者が9人以下であれば中止した。選ばれた患者は少なくともInternational RLS Rating Scaleが21点であった。全員が0.05ml のBoNT/A で20か所の皮内注射を下肢の症状のある部位に受けた。RLSの程度の変化を6か月間調べた。 結果:27人中6人人のみが2週で一次的な評価項目を達成。この6人ではIRLSRS点数が少なくとも50%改善するまでの期間の中央値(Inter-Quartile Range)は 46日 (42-126).まとめ:この研究での一次的な評価項目では BoNT/Aには RLSの感覚症状を軽減する効果はない。

Sleep Med. 2012 Oct 10. pii: S1389-9457(12)00334-6. doi: 10.1016/j.sleep.2012.08.019. [Epub ahead of print]
A phase II, open-label, non-comparative study of Botulinum toxin in Restless Legs Syndrome.1請求
Ghorayeb I, Bénard A, Vivot A, Tison F, Burbaud P.
Service des Explorations Fonctionnelles du Système Nerveux, Hôpital Pellegrin, Place Amélie Raba-Léon, 33076 Bordeaux cedex, France. Electronic address: imad.ghorayeb@u-bordeaux2.fr
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-10-17 18:33 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line