慢性疲労症候群にバリキサが有効、有効例は抗体価と関連なし


Valganciclovir(バリキサ:バルガンシクロビル塩酸塩錠)900 mgを毎日61人のCFS患者に投与。後ろ向き研究。(55人は最初の3週間1日1,800 mg).もしHHV-6 IgG ≥1:320, EBV viral capsid antigen (VCA) IgG ≥1:640, and EBV early antigen (EA) IgG ≥1:160であれば抗体が高いとみなした. 患者が肉体機能あるいは認知機能が少なくとも30%改善したた反応とみなした。32人(52%)が反応であった。そのうち, 19人 (59%)は肉体的に 26人 (81%)は認知機能が改善. 治療前の抗体価は反応に関連なし。治療後すべての患者の肉体機能と認知機能は各々+19% と+23%改善 (P < 0.0001). 長期の治療は反応と相関 (P = 0.0002).


J Med Virol. 2012 Dec;84(12):1967-74. doi: 10.1002/jmv.23411.
Response to valganciclovir in chronic fatigue syndrome patients with human herpesvirus 6 and Epstein-Barr virus IgG antibody titers.
Watt T, Oberfoell S, Balise R, Lunn MR, Kar AK, Merrihew L, Bhangoo MS, Montoya JG.
Division of Infectious Diseases and Geographic Medicine, Department of Medicine, Stanford University Medical Center, Palo Alto, California.

ビリキサの適用症:下記におけるサイトメガロウイルス感染症 (・ 後天性免疫不全症候群 ・ 臓器移植(造血幹細胞移植も含む) ・ 悪性腫瘍)
 実質的には使用不能です。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-10-27 18:16 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line