妊娠中におけるSSRI内服の危険性


総説。妊娠中のSSRI内服は流産、出生時欠損、早産、新生児行動症状、新生児遷延性肺高血圧症および長期間の神経行動作用の危険際が高くなる。抗うつ薬内服により妊娠が改善する根拠はない。運動療法と同様に認知行動療法を含む心理療法にはエビデンスがあり一般人口において有意に抑うつ症状を軽減させる。不妊女性の抑うつ症状の治療においてカウンセリングは有効。
Hum Reprod. 2012 Oct 31. [Epub ahead of print]
The risks of selective serotonin reuptake inhibitor use in infertile women: a review of the impact on fertility, pregnancy, neonatal health and beyond.
Domar AD, Moragianni VA, Ryley DA, Urato AC.
Boston IVF, Department of Obstetrics and Gynecology, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, 130 Second Avenue, Waltham, MA 02451, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-12 20:23 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line