線維筋痛症における偽薬効果とノセボ効果(偽薬による副作用)の割合


MEDLINEおよびclinicaltrials.govの開始から2012年6月30日までのFMS患者におけるduloxetine, milnacipran, pregabalin およびsodium oxybateの無作為振り分け二重盲験、偽薬使用パラレル研究を調べた。placeboで50%痛みが軽減する統合された評価により偽薬効果の強さを評価。.偽薬群において副作用で脱落した統合された評価によりnocebo効果を評価した。結果:18の研究3546人の患者にplacebo使用。偽薬により50%痛みが減少する統合評価は18.6% (95% CI 17.4 to 19.9%). 偽薬群において副作用により脱落する割合は10.9% (95% CI 9.9 to 11.9%).
Clin Exp Rheumatol. 2012 Nov 8. [Epub ahead of print]
Placebo and nocebo responses in randomised controlled trials of drugs applying for approval for fibromyalgia syndrome treatment: systematic review and meta-analysis.1請求
Häuser W, Sarzi-Puttini P, Tölle TR, Wolfe F.
Department of Internal Medicine I, Klinikum Saarbrücken, Saarbrücken, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-15 00:00 | FMの雑感
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line