慢性疲労症候群の有病率と発生率


目的:1994年の基準を用いてMinnesotaのOlmsted CountyにおけるCFSの有病率と発生率を評価し、合併症を調べる。方法:人口に基づいたデータベースであるthe Rochester Epidemiology Projectを用いてCFSの可能性のある患者の医療記録を、1998年1月1日から2002年12月31日まで,後ろ向きに調べた。医療記録により6か月以上疲労があり、CFSを定義する8つの症状のうち少なくとも4つが陽性であり、症状が日常の労働や活動を阻害する場合にCFSと分類した。診断基準を満たさない場合には不完全/特発性疲労(insufficient/idiopathic fatigue)と分類した。結果:慢性疲労のある可能背のある686人中2人は医療記録を調べることを拒否。残りの684人中, 151人 (22%) はCFS又はinsufficient/idiopathic fatigueの基準を満たした。CFSおよび insufficient/idiopathic fatigueの有病率と発生率は 100,000人中71.34人と100,000人―年中13.16人vs 100,000人中73.70人と100,000人―年中13.58人。可能性のある患者には除外疾患を合併した482人(70%) が含まれ, どちらかの診断基準を患者のほぼ半数は少なくとも一つの非除外合併症を持つ。まとめ:CFSおよび insufficient/idiopathic fatigueの有病率と発生率はOlmsted Countyでは比較的低い。

Mayo Clin Proc. 2012 Nov 7. pii: S0025-6196(12)00923-8. doi: 10.1016/j.mayocp.2012.08.015. [Epub ahead of print]
Prevalence, Incidence, and Classification of Chronic Fatigue Syndrome in Olmsted County, Minnesota, as Estimated Using the Rochester Epidemiology Project.
Vincent A, Brimmer DJ, Whipple MO, Jones JF, Boneva R, Lahr BD, Maloney E, St Sauver JL, Reeves WC.
Fibromyalgia and Chronic Fatigue Clinic, Mayo Clinic, Rochester, MN; Division of General Internal Medicine, Mayo Clinic, Rochester, MN. Electronic address: RSTFCFC@mayo.edu

この有病率は今までの報告と比べるとかなり低い。通常はCFSの有病率は0.5%前後。ところでアメリカには線維筋痛症と慢性疲労症候群を専門に診療する部門があることが著者の所属からわかります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-17 17:23 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line