三環系抗うつ薬により骨折の危険性が高くなる


2012年6月まで。2人の調査者が独立して調べる。メタ解析。12の研究が含有基準に合致。TCA(三環系抗うつ薬)の使用は骨折の危険性を有意に高める (relative risk [RR], 1.45; 95% confidence interval [CI], 1.31-1.60; P<.001). TCA使用と骨折の危険性の増加は骨密度で補正しても認められた (RR, 1.54 [95% CI, 1.24-1.90]; P<.001)あるいは抑うつで補正しても認められた (RR, 1.49 [95% CI, 1.28-1.67]; P<.001). 6週間以上TCAを内服した場合の骨折の危険性は (RR, 1.13 [95% CI, 1.00-1.28])6週間より少なく TCA を内服した骨折の危険性よりもかなり少ない (RR, 2.40 [95% CI, 1.41-4.08]). 以前のTCA使用は骨折の危険性を高めない (RR, 1.04 [95% CI, 0.86-1.26]; P=.70). 出版の偏りを考慮すると, TCA使用と骨折の危険性の関連は少し弱くなる (RR, 1.36 [95% CI, 1.24-1.50])しかし有意なままである(P<.001).

J Bone Miner Res. 2012 Nov 19. doi: 10.1002/jbmr.1813. [Epub ahead of print]
Tricyclic antidepressant use and risk of fractures: A meta-analysis of cohort and case-control studies.Wu Q, Qu W, Crowell MD, Hentz JG, Frey KA.
Division of Health Sciences Research, Mayo Clinic, Scottsdale, Arizona. wu.qing@mayo.edu
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-25 11:36 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line