CRPSの危険因子


Harden/Bruehl基準. 前向き多施設コホート研究で3つのオランダの病院の救急室から集めた手関節、手、足、足関節の単一の骨折の596人の患者 (18歳以上)。596人の患者のうちで 42人 (7.0%) はHarden/Bruehlの(完全な)診断基準で診断したCRPS1であり, 289人 (48.5%)は IASP基準を満たし, 127人 (21.3%)はVeldman基準を満たす。医学的および人口動態的データによる解析を行うと、後にCRPS1になった患者は関節内骨折, RA, 筋骨格合併症や骨折脱臼の頻度が有意に多い。足関節骨折, 脱臼および関節内骨折は有意にCRPS1の発生を予測する. CRPS1患者は全員12か月後 (T3)に症状がない。受傷時、CRPS1患者はCRPS1でない患者より有意に痛みが強い (p < .001)。単一骨折後のCRPS1 の発生率は診断基準により大きく異なる。骨折後 CRPS1が発生した7%の患者は全員1年後に症状なし。
Ned Tijdschr Geneeskd. 2012;156(46):A5180.
[Demographic and medical parameters in the development of complex regional pain syndrome type 1 (CRPS1): prospective study on 596 patients with a fracture].
[Article in Dutch]
Beerthuizen A, Huygen FJ, Van 't Spijker A.
*Dit onderzoek werd eerder gepubliceerd in Pain (2012;153:1187-92) met als titel 'Demographic and medical parameters in the development of complex regional pain syndrome type 1 (CRPS1): prospective study on 596 patients with a fracture'. Afgedrukt met toestemming.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-25 11:42 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line