持続性性興奮症候群とむずむず脚症候群の関連


持続性性器覚醒障害(Persistent genital arousal disorder:PGAD)という新たな認識。PGADの女性は狂っているという認識を避けるために有用。方法:Pubmed, Medline, Embase およびCochraneを用いた包括的な総説 "persistant genital arousal", "restless genital syndrome", "persitant genital arousal syndrome" および"persistant sexual arousal syndrome". 300論文中, 37論文がPGADを取り扱う。方法:PGADの有病率は推測 (1%)よりも多いようだ。PGADは公式には5つの診断基準で定義される。患者は平均的には35歳から 54歳、29.9%から 67%が更年期. PGADは過活動膀胱(overactive bladder:OAB) (67%), RLS(67%) および骨盤静脈瘤(55%)と強く関連する. 性器感覚は望まない,向こうから起こるオーガズムを感じる。望まない性器感覚はクリトリス、陰唇、膣、およびそれらの組み合わせで各々78%, 28%, 55%、44%で起こる。多くの原因が推測されている。臨床的な対処として電気的および組み合わせ検査(既往歴, 理学所見, investigation as 骨盤MRI, 骨盤エコー, 生物的検査)が必要。治療は多彩であり精神療法, 向精神薬による治療 (56%の女性がクロナゼパムにより症状が継続的に軽減する[50%-90%]), およびTENS。
Prog Urol. 2012 Dec;22(17):1043-50. doi: 10.1016/j.purol.2012.07.016. Epub 2012 Aug 24.
[Persistent genital arousal disorder: A systematic review].
[Article in French]
Thubert T, Brondel M, Jousse M, Le Breton F, Lacroix P, Deffieux X, Amarenco G.
GREEN Groupe de recherche clinique en neuro urologie, université Pierre-et-Marie-Curie, 75020 Paris, France; Service de neuro urologie, hôpital Tenon, AP-HP, 4, rue de la chine, 75020 Paris, France; Service de gynécologie-obstétrique et médecine de la reproduction, hôpital Antoine-Béclère, AP-HP, 92141 Clamart, France. Electronic address: thibault.thubert@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-02 16:47 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line