慢性疲労症候群の脂質


15-45歳の合併症のないCFSの診断基準を満たす24人の女性と年齢をマッチさせた19人の健常女性。通常の臨床検査をした後,脂質酸化生成物であるマロンジアルデヒド(malondialdehyde:MDA)とタンパク質酸化proteinカルボニル(carbonyl:CO)を測定。結果:対照群よりCFS群は triglycerides (p = 0.03), MDA (p = 0.03) およびCO (p = 0.002)が有意に高く、HDL cholesterol (p = 0.001)は有意に低い。総蛋白, 総コレステロールLDL cholesterolには有意差なし。まとめ: CFS群は好ましくない脂質状態と、脂質と蛋白を障害する酸化ストレスの所見を持っている。これらの結果はアテローム性動脈硬化(症)の危険性が低い患者群における早期の動脈硬化促進の過程を暗示するのかも。抗酸化治療と生活スタイルの変化はCFS女性に見られる。
Arch Med Sci. 2012 Nov 9;8(5):886-91. doi: 10.5114/aoms.2012.31620. Epub 2012 Nov 7.
Lipid and protein oxidation in female patients with chronic fatigue syndrome.
Tomic S, Brkic S, Maric D, Mikic AN.
Clinic for Infectious Diseases, Clinical Center Vojvodina, Novi Sad, Serbia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-02 17:02 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line