複合性局所疼痛症候群に対する通常の星状神経節ブロックとエコーガイド下の星状神経節ブロックの比較



脳卒中患者でCRPS type 1になった患者において、超音波ガイド下星上神経節ブロック(ultrasonography guided stellate ganglion block:US-SGB)と通常のSGB の効果の比較。方法:脳卒中後のCRPS 患者52人を無作為にUS-guided SGB (22人) 又は通常のSGB group (20人)に振り分け. US-guided SGB群および通常の SGB群の平均年齢は各々61.3±5.6歳、59.1±4.5歳. CRPS患者の患側の7日間間隔で2回のブロックを行う。VASを用いた痛みの強さ, CRPS clinical severityの点数,および手の容積計による患側の手の腫脹の量を治療前、治療後2週間と4週間で評価。結果:両群ともVASと手の主張は治療後2週間と4週間で有意に減少。両群間には, US-guided SGB群と通常のSGB群のVASの差は2週間後で2.61±1.09, 1.88±0.62、そして4週間後で3.67±1.03, 3.13±0.62。通常のSGB群に比べるとUS-guided SGB群の方がVAS の変化の平均は有意に改善した (p-value<0.05).まとめ:US-guided SGBも通常の SGB も亜急性の脳卒中のCRPS患者の痛み軽減に有効。US-guided SGBの方が痛みの軽減には優れていたが、手の腫脹の軽減には効果がなかった。
Ann Rehabil Med. 2012 Oct;36(5):633-9. doi: 10.5535/arm.2012.36.5.633. Epub 2012 Oct 31.
Efficacy of ultrasonography guided stellate ganglion blockade in the stroke patients with complex regional pain syndrome.
Yoo SD, Jung SS, Kim HS, Yun DH, Kim DH, Chon J, Hong DW.
Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Kyung Hee University College Medicine, Seoul 130-702, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-02 17:06 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line