慢性疲労症候群と癌性疲労


010年7月1日, the Muscle Fatigue Meetingにて, Chronic Fatigue Syndrome およびCancer Related Fatiguと新たに見つかったretrovirusであるXenotropic Murine Related Virusの関連に批判な解釈を強調した Chronic Fatigue Syndrome およびCancer Related Fatigueの概論を示した。この関連はその当時熱く議論されていたため、その会議にて私はそれは誤りであり、そのウイルスを間違って犯人扱いしたためと示唆した。その会議から20か月後の現在、最初の予測は正しいことがわかった。つまり、Xenotropic Murine Related Virus は研究室が作り出した人工産物であった。さらに,疲労症候群と感染 (多くはウイルス感染)の関連は多くのエビデンスにより支持されこの概論は以前のウイルス感染を示唆するデータをまとめた。末梢性と中枢性のChronic Fatigue Syndrome/Cancer Related Fatigueの機序の主な仮説をまとめ、妥当な関連や引き金になる因子もまとめた。一つの候補である RNA virusであるMicro-Foci inducing Virusにも言及。

Neuromuscul Disord. 2012 Dec;22 Suppl 3:S235-41. doi: 10.1016/j.nmd.2012.10.018.
Chronic Fatigue Syndrome (CFS) and Cancer Related Fatigue (CRF): two "fatigue" syndromes with overlapping symptoms and possibly related aetiologies.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-08 16:03 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line