CRPSに対するビスフォスフォネート製剤の効果


多施設、無作為振り分け、二重盲験、偽薬対照でCRPS-I患者に対するamino-bisphosphonateであるneridronateの効果を調べる。方法:手または足のCRPS-I患者82人を無作為に 100 mg neridronateの点滴静注を10日間で4回又は偽薬に振り分ける。偽薬を使用された患者は、50日後に非盲験法で同じ方法でneridronateを投与。結果:当初の20日以内に、neridronate 群ではVAS点数は有意に減少。その後の20日間で, 偽薬群はVASは不変のまま維持し、neridronate 群ではさらに46.5 mm減少 (95% CI -52.5, -40.5) vs偽薬群 22.6 mm (95% CI -28.8, -16.3 (P < 0.0001)。偽薬群と比較しての有意な改善が痛みや生活の質の数多くの指標で見られた。非盲験の延長研究において最初に偽薬を使用した群では治療成績は、盲験法でのneridronate 群で見られた治療成績と同一であった。1年後どの患者も CRPS-Iと関連した症状はなかった。
Rheumatology (Oxford). 2012 Nov 30. [Epub ahead of print]
Treatment of complex regional pain syndrome type I with neridronate: a randomized, double-blind, placebo-controlled study.
Varenna M, Adami S, Rossini M, Gatti D, Idolazzi L, Zucchi F, Malavolta N, Sinigaglia L.
Rheumatology Unit, Ospedale G. Pini, Milan, Rheumatology Unit, Department of Medicine, University of Verona, Verona and Rheumatology Unit, Ospedale Malpighi, Bologna, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-08 16:10 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line