パーキンソン病とむずむず脚症候群の関連


Restless legs syndrome (RLS)と Parkinson's disease (PD)には共通点あり。両疾患にはドパミン機能不全があることが示唆される。PDでは黒質線条体系が障害されているがRLSでもそうであるという新たなエビデンスがある。鉄剤の役割が両疾患で異なることが、両疾患の共通の病因に最も大きく立ちはだかる。最近の超音波による研究では両疾患の症状は類似しているが特発性RLSとPDと関連したRLSは異なる機序かもしれないことが示唆される。

Transl Neurodegener. 2012 Feb 27;1(1):6. doi: 10.1186/2047-9158-1-6.
Linking restless legs syndrome with Parkinson's disease: clinical, imaging and genetic evidence.
Peeraully T, Tan EK.
Department of Neurology, Singapore General Hospital, Outram Road, Singapore 169608, Republic of Singapore. gnrtek@sgh.gov.sg
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-08 16:13 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line