難治性CRPSという概念


この論文ではCRPSの特異的なサブタイプである'慢性、難治性CRPS'を提示する。それは 症状が極めて重篤であり、障害が大きく治療に抵抗する。変化しやすい臨床所見や診断基準が精密ではないために診断が困難である。臨床使用のための基準と研究目的の診断基準の区別の必要性が示唆され、急性のCRPS診断の実用的なガイドラインを提案する。CRPS治療の総説を提示し、その有効性に意見を述べる。早期には反応がよいか慢性期には徐々に反応が悪くなり難治性になる。
J Hand Surg Eur Vol. 2012 Dec 6. [Epub ahead of print]
Complex regional pain syndrome: observations on diagnosis, treatment and definition of a new subgroup.
Zyluk A, Puchalski P.
Department of General and Hand Surgery, Pomeranian Medical University in Szczecin, Szczecin, Poland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-16 00:55 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line