複合性局所疼痛症候群CRPSの診断基準の正確性


とう骨遠位骨折(手首の部分の骨折)の手術治療を受けた120人でCRPSがあるかどうかを調べた。術後6週で調べ、そのうち71人を12週で調べた。IASP基準とCRPS severity scoreで診断した。6週の時点で, 10人の患者(8.3%)はIASP基準とCRPS scoreの両方のCRPSの基準を満たした。12週の時点で6人の患者 (8.4%) はIASP基準を満たし、2人の患者(2.8%) はCRPS severity score基準を満たした。CRPSと診断された患者の一人のみがCRPSの治療を必要とした。他のすべての患者において、CRPSの症状は自然に改善した。我々の結果では、とう骨遠位骨折の後のCRPSは以前報告されていたほどは頻繁には発生しない。IASP基準とCRPS severity scoresはCRPSの早期診断では同様の感度であるが、両方とも治療必要性を示すには不十分な指標。

J Hand Surg Eur Vol. 2012 Dec 12. [Epub ahead of print]
A comparison of the accuracy of two sets of diagnostic criteria in the early detection of complex regional pain syndrome following surgical treatment of distal radial fractures.
Zyluk A, Mosiejczuk H.
Department of General and Hand Surgery, Pomeranian Medical University in Szczecin, Szczecin, Poland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-24 09:46 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line