青年の感染後の慢性疲労症候群


最近の青年期の感染後のCFSの疫学、病態生理学、治療の総説。結果:青年(主に女性)の13%は感染性単核球症後6か月でCFSの基準を満たし; 疲労は12か月の時点で7%であり、24か月の時点で4%。ピーク作業能力、活動レベル、起立不耐症, 唾液中のコルチゾール、およびnatural killer cell の数と機能は感染性単核球症後のCFSの青年と回復した対照群の間で同様。自律神経系, 酸素消費量, ピーク酸素脈, 精神的ネットワークおよびサイトカイン・ネットワークには回復した者と回復しなかった者の間で差が認められた。まとめ:CFSの予後は成人より青年の方がよい。
Curr Opin Pediatr. 2012 Dec 19. [Epub ahead of print]
Chronic fatigue syndrome following infections in adolescents.
Katz BZ, Jason LA.
aDivision of Infectious Diseases, Ann and Robert H. Lurie Children's Hospital of Chicago, Northwestern University Feinberg School of Medicine bCenter for Community Research, DePaul University, Chicago, Illinois, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-30 22:33 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line