2012年の業績

論文
The term of functional somatic syndrome should be changed to the term of central sensitivity syndrome (letter to the editor)
Pain Practice 12(1) 83, 2012
Hatsukaichi Memorial Hospital
Katsuhiro Toda


Difference of fibromyalgia symptom scale between the Japanese version of the 2010 ACR preliminary diagnostic criteria for fibromyalgia and the modification of the ACR preliminary diagnostic criteria for fibromyalgia (letter to the editor)
Modern Rheumatology 22(2) 316, 2012
Hatsukaichi Memorial Hospital
Katsuhiro Toda

痛みの診断と治療
 診断と治療 100(4) 681-686, 2012
 廿日市記念病院
  戸田克広

Purpose and Significance of the 2010 Criteria and Modification of the 2010 Criteria for Fibromyalgia (letter to the editor)
The Journal of Rheumatology 39(6) 1294, 2012
 Hatsukaichi Memorial Hospital
  Katsuhiro Toda

複合性局所疼痛症候群
 整形外科 63(8) 879-884, 2012
 廿日市記念病院
  戸田克広

オンライン上の論文
線維筋痛症の基本
 http://www.carenet.com/special/1208/contribution/index.html
 CareNet 2012
廿日市記念病院
  戸田克広

電子書籍
戸田克広: 脊椎外科医には線維筋痛症と慢性広範痛症の知識が必須ー医事紛争を避けるためにー ブクログ, 2012.
http://p.booklog.jp/book/61950

戸田克広: 慢性痛におけるドラッグチャレンジテスト(drug challenge test)の問題点ブクログ, 2012.
http://p.booklog.jp/book/62043

戸田克広: 抗不安薬による常用量依存―恐ろしすぎる副作用と医師の無関心、精神安定剤の罠、日本医学の闇―第1版 ブクログ, 2012.
http://p.booklog.jp/book/62140

戸田克広: 慢性痛あるいは神経障害性疼痛では当初から複数の薬を投与してはならない―この原則を守らないと治療成績が悪くなるー ブクログ, 2012.
http://p.booklog.jp/book/62446

戸田克広: 慢性痛治療における投薬表の有用性―投薬表がないと適切な治療ができないー ブクログ, 2012.
http://p.booklog.jp/book/62919

戸田克広: 線維筋痛症患者への救急対応 ブクログ, 2012.
http://p.booklog.jp/book/63049

戸田克広:小児線維筋痛症患者に対する診断基準の世界における使用状況 ブクログ, 2012
http://p.booklog.jp/book/63313

口演
線維筋痛症男性患者の就労状況
 第49回日本リハビリテーション医学会学術集会
2012.5.31-6.2 福岡市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

線維筋痛症患者のbody mass index
 第49回日本リハビリテーション医学会学術集会
2012.5.31-6.2 福岡市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

2010年8月における線維筋痛症の1990年基準と2010年基準の使用状況および使用予定
 日本ペインクリニック学会第46回大会
2012.7.5-7 松江市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

小児における線維筋痛症診断基準の使用状況
 日本ペインクリニック学会第46回大会
2012.7.5-7 松江市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

13th World Congress on Painにおける線維筋痛症と筋筋膜性疼痛の関係に関するアンケート調査
 日本ペインクリニック学会第46回大会
2012.7.5-7 松江市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

線維筋痛症患者におけるbody mass index別の症状の比較
 日本ペインクリニック学会第46回大会
2012.7.5-7 松江市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

2007年4月と2011年12月における線維筋痛症の治療成績の比較
 日本ペインクリニック学会第46回大会
2012.7.5-7 松江市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

Efficacy of Epadel (comprising not less than 98% eicosapentaenoic acid ethyl ester) for fibromyalgia
 The 14th World Congress on Pain
 2012.8.27-31 Milan
 Department of Rehabilitation, Hatsukaichi Memorial Hospital
Katsuhiro Toda

2011年11月における線維筋痛症と慢性広範痛症/慢性局所痛症の治療成績の比較
 日本線維筋痛症学会第4回学術集会
 2012.9.15-16 長崎市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

メコバラミン(メチコバール(R))と葉酸(フォリアミン(R))の併用は線維筋痛症に有効
 日本線維筋痛症学会第4回学術集会
 2012.9.15-16 長崎市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

アコニンサンは線維筋痛症にはあまり有効ではない
 日本線維筋痛症学会第4回学術集会
 2012.9.15-16 長崎市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

イブジラスト(ケタス®)は線維筋痛症にはあまり有効ではない
 日本線維筋痛症学会第4回学術集会
 2012.9.15-16 長崎市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 

線維筋痛症より不完全型線維筋痛症(慢性広範痛症、慢性局所痛症)は再診率が低い
 第30回日本リハビリテーション医学会中国四国地方会
 2012.12.2 広島市
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広 


講演
痛みの診断と治療—線維筋痛症・中枢性過敏症候群を中心としてー
 2012.7.26 岩国市
 岩国整形外科医会—研修会—
 廿日市記念病院リハビリテーション科
  戸田克広

 2012年は大反省です。原著が1つしかありません。しかも電子書籍での原著です。「抗不安薬による常用量依存―恐ろしすぎる副作用と医師の無関心、精神安定剤の罠、日本医学の闇」に時間をとられたことは事実ですが、反省すべき年でした。2013年は何とか原著を増やしたいと思います。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-31 20:14 | FMの雑感
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line