むずむず脚症候群RLSの牽引治療


RLSはU.S.の人口の5-15%が罹患していると推測されている。The traction straight leg raise (tSLR)の方法は 中枢と末梢の神経路に影響を与えRLS症状を軽減するかもしれないmobilizationの一つ. 15人のコホート。32-64歳の13人(11人の女性) が研究終了。治療開始前と最後のセッション時に、RLSの程度を定量化するために二つのアンケートに答えた。それには以下を含む: the Restless Legs Syndrome Rating Scale (RLSRS) 0-40, an RLS Ordinal Scale, およびa Global Rating of Change (GROC) assessments (-7, 0, +7)。患者は1, 3, 8, および15日で合計4回、両側にtSLRを受ける。結果:治療前の平均RLSRS は24.8 (強度)であり、治療後の平均は 9.2 (軽度)であり, これは治療前から比べると63%の改善 (p < 0.05)。13人中10人では最終セッションではa GROCは +4又はそれ以上であり, これは少なくとも治療前よりは中等度の改善。我々の結果によると、tSLR治療は特発性RLSの症状を軽減することを示す。前向き無作為振り分け対照研究が必要。
Man Ther. 2012 Dec 28. pii: S1356-689X(12)00245-7. doi: 10.1016/j.math.2012.11.002. [Epub ahead of print]
Management of symptoms of Restless Legs Syndrome with use of a traction straight leg raise: A preliminary case series.Dinkins EM, Stevens-Lapsley J.
Select Physical Therapy, 814 S. Perry St. Unit D, Castle Rock, CO 80104, USA. Electronic address: dinkinse@selectmedical.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-06 00:12 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line