若年癌患者の生存者における抗うつ薬使用


カナダ。British Columbiaで1970年から1995年まで25歳以前に癌と診断された小児又は青年や若年成人(adolescent, and young adult:AYA) で5年間生存した人全員。2001年から2004年まで州の健康保険で経過を観察した人 (n = 2,389).生存群の10倍の生年性別を一致させたコホートを無作為に選択(n = 23,890)。2001年と2004年の間の全処方は the provincial prescription drug administrative databaseとリンク.結果:社会人口動態的要因で補正すると、対照群と比べると、小児又は青年や若年成人の生存者は抗うつ薬の処方を受ける頻度が高い (OR 1.21, 95% CI 1.09-1.35)。対照群に比べて、癌生存者はすべての種類の抗うつ薬の使用が多く、二つ以上の種類の抗うつ薬の使用が多い(OR 1.31, 95% CI 1.11-1.55 [2つ以上の種類の抗うつ薬])。治療は抗うつ薬使用の有意な予測因子ではない。女性生存者、若年成人で20年以上生存している者では抗うつ薬の使用が多い。まとめ:た小児又は青年や若年成人の癌生存者は対照群より抗うつ薬の使用が多い。これは、癌生存者には精神疾患の有病率が高いことを間接的に反映するのかもしれない。
Pediatr Blood Cancer. 2012 Dec 31. doi: 10.1002/pbc.24446. [Epub ahead of print]
Antidepressant use among survivors of childhood, adolescent and young adult cancer: A report of the childhood, adolescent and young adult cancer survivor (CAYACS) research program.
Deyell RJ, Lorenzi M, Ma S, Rassekh SR, Collet JP, Spinelli JJ, McBride ML.
Division of Oncology, Hematology and Bone Marrow Transplant, British Columbia Children's Hospital and University of British Columbia, Vancouver, British Columbia, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-06 00:26 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line