複合性局所疼痛症候群


長期持続で治療抵抗性のCRPS type-1のために、2000年5月から2008年10月まで, 22人が機能しない肢の切断を我々の部門で受けた。平均年齢は46歳 (四分位範囲 [interquartile range:IQR], 37歳から51歳), CRPSの中央値は(IQR, 2-10年), そして切断から研究までの期間の中央値は5年 (IQR, 3-7年)。半構造的インタビューを行い残存した肢の機能を調べ、患者は2つのアンケートに答えた。結果:20人の患者 (95%)は生活が改善した。19人 (90%) は痛みが軽減, 17人 (81%) は可動性が改善、14人 (67%)は睡眠が改善。21人中18人は同じ状況であれば再び切断を選択するであろうと述べた。下肢切断の15人中10人および上肢切断6人中1人は常時義足(義手)使用。3人(14%)で残存した肢にCRPST type-I が再発し、2人(10%)で他の肢に再発。まとめ:CRPST type-Iの再発は24%。
J Bone Joint Surg Am. 2012 Dec 19;94(24):2263-8. doi: 10.2106/JBJS.L.00532.
Amputation for long-standing, therapy-resistant type-I complex regional pain syndrome.1請求
Krans-Schreuder HK, Bodde MI, Schrier E, Dijkstra PU, van den Dungen JA, den Dunnen WF, Geertzen JH.
Departments of Rehabilitation Medicine (H.K.K.-S., M.I.B., E.S., P.U.D., and J.H.G.), Oral and Maxillofacial (P.U.D), Surgery (J.A.v.d.D.), and Pathology and Medical Biology (W.F.d.D.), University Medical Center Groningen, University of Groningen, P.O. Box 30001, 9700 RB Groningen, the Netherlands. E-mail address for H.K. Krans-Schreuder: krans.h@bethesda.nl

切断手術の成績はよくないという報告が別にあるため注意。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-19 16:34 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line