労働災害としての線維筋痛症


FMに関連した150人の判決をpredetermined protocolで調べた。新規発生のFMが123人,すでに存在したFMの悪化が15人。結果:すべての外傷は軟部組織損傷であり、身体所見では持続する症状を説明できない。FM症状の悪化では67%を、新規発生の59%を裁判は認めた。外傷からFMの診断までは 4.3 ± 4.1 年, 6.3 ± 2.8人の医師が 各労働者をcited, そして過去の健康状態は26%で報告されず。外傷は68%で1回の出来事, 腰部が44%,そして肩/上肢が 40%. FMの診断は74%でリウマチ医の報告に基づく。
J Rheumatol. 2013 Jan 15. [Epub ahead of print]
A Medicolegal Analysis of Worker Appeals for Fibromyalgia as a Compensable Condition Following Workplace Soft-tissue Injury.
Fitzcharles MA, Ste-Marie PA, Shir Y.
From the Division of Rheumatology, McGill University Health Centre; Alan Edwards Pain Management Unit, McGill University Health Centre; and the Faculty of Law, Université de Montréal, Montreal, Quebec, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-19 16:36 | FMの雑感
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line