線維筋痛症女性において継続的な就労を促進する要因


27人の有給の仕事をしているFM女性に集団インタビュー。年齢の中央値は52歳, 33歳から62歳まで。インタビューを記録。結果:持続した仕事を促進する要因には4つのカテゴリーがある: 仕事の意義と個人のstrategiesは個人的な促進因子であり、快適な仕事環境と仕事外の社会的な支援が環境的な促進因子。仕事の意義には個人的な意義と社会的な意義が含まれる。個人的なstrategiesには症状への対処、就労日、長期間の就労人生が含まれる。 快適な就労環境には身体的および精神的労働環境が含まれる。仕事外の社会的な支援には社会的あるいは個人的な支援が含まれる。
Disabil Rehabil. 2013 Jan 22. [Epub ahead of print]
Factors promoting sustainable work in women with fibromyalgia.
Palstam A, Gard G, Mannerkorpi K.
Department of Rheumatology and Inflammation Research, Institute of Medicine, University of Gothenburg , Gothenburg , Sweden
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-27 10:20 | FMの雑感
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line