複合性局所疼痛症候群における赤外線サーモグラフィーの信頼性


赤外線サーモグラフィー(Infrared thermography:IRT)。関心のある部位(regions of interest:ROIs)。方法:CRPSと診断された28人の赤外線サーモグラフィーを独立した3人の検者が調べた。患者の既往や症状に基づいて各検者の意見によりROIsの形、大きさ、詳細な部位を決定。各患者においてROIの最大皮膚温を得た後、検者3人での一致率を調べた。結果:3人の独立した検者間のThe intraclass correlation coefficient は0.865 (95% confidence interval, 0.748-0.933)であり, これは信頼性が高いことを示す (P<0.001).
Skin Res Technol. 2013 Jan 20. doi: 10.1111/srt.12032. [Epub ahead of print]
Interexaminer reliability of infrared thermography for the diagnosis of complex regional pain syndrome.
Choi E, Lee PB, Nahm FS.
Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Seoul National University Bundang Hospital, Seongnam, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-01-27 13:35 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line