アレジオン10内服中は自動車運転禁止だがそれを否定するかのごときテレビコマーシャル



 エスエス製薬がアレジオン10という薬を売り出している。医師の処方箋がいらない薬である。テレビコマーシャルでは眠くなりにくいという宣伝がなされている。しかし、アレジオン10を飲んでいる間は自動車の運転は禁止されている。エスエス製薬のサイトから添付文書をダウンロード可能であり、そこには「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気があらわれることがあります。)」と明記されている。
http://www.ssp.co.jp/file/product/all/alesion/pdf/package_insert.pdf?1319617042
あのテレビコマーシャルではアレジオン10を飲んで自動車を運転する人が続出してしまう。不適切なテレビコマーシャルである。

 実は、この自動車運転の問題は大問題なのである。抗鬱薬、抗不安薬、抗精神病薬、抗けいれん薬、睡眠薬内服中は自動車の運転は禁止されている。睡眠薬は就寝前に飲むから日中は運転可能という理屈は通用しない。添付文書には、睡眠薬内服中は日中も自動車運転は禁止と明記されている。実はこの問題を実名で問題視して医学論文や書籍にしている医師は私が知る限り私のみである。詳細は下の電子書籍を読んでいただきたい。有料の書籍であるが、自動車運転の問題は無料部分に記載している。


抗不安薬による常用量依存―恐ろしすぎる副作用と医師の無関心、精神安定剤の罠、日本医学の闇― 第1版
http://p.booklog.jp/book/62140
を出版しました。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-02-02 11:56 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line